2016年07月01日

手作り服&日本茶セミナー

DSCF9067.jpg
今週の月曜日 かざはやの里に着て行ったりんの服

実は10年前に私が着ていたa.v.vの服です
DSCF8913.jpg

前日の日曜日 りんの服にリメイク手(グー)
DSCF89361.jpg
a.v.vのタグもバッチリ𕾹

レースも付けて 可愛く完成グッド(上向き矢印)
DSCF8937.jpg

DSCF9121.jpg

トリミング直後のりん
DSCF84181.jpg
大きな瞳が白内障で少し濁ってきてます
治療は何もしていないけど これ以上進まないで欲しいな

同じくトリミング直後の4ぷ~達
page2.jpg
似てるようで似てない 四卵性四つ子?^m^
そういえば・・犬や猫に一卵性ってあるのかしら?


6月8日(水)
日本茶セミナーに参加

伊勢志摩サミットメディアセンターでお茶を振る舞われた先生は お茶について説明しながら数種類のお茶を淹れてくれましたわーい(嬉しい顔)
page.jpg

日本茶の最高峰「玉露」を楽しむ味わい方のひとつに「すすり茶」という淹れ方があるそうです 
急須で淹れるより すすり茶で味わうとより玉露の旨味・甘味を満喫出来る という事で初めてすすり茶体験るんるん
茶葉が口に入らないように 蓋を少しずらして頂きます
「甘~いexclamation×2」𕾷
旨味と甘味が口の中に広がって高級だしを飲んでるような感じ𕾾
残った茶葉は まるで葉物野菜のようでポン酢をかけて全部頂きましたグッド(上向き矢印)

次は「桜茶」
その次が「かぶせ茶」

そして最後に「ほうじ茶」とケーキ𕾾
DSCF8635.jpg
とっても美味しくて楽しいセミナーでしたわーい(嬉しい顔)

メモ書き
*お茶が初めて日本で飲まれたのは約1200年前 815年の平安時代
*玉露は3週間遮光する為屋根の下で育て 柔らかい若茶葉を手摘みした希少なお茶
*お茶の成分(テアニン・カテキン・カフェイン)の中の旨味・甘味成分テアニンは日に当たると渋み・苦味成分のカテキンに変わるため 玉露はしっかり遮光栽培する
*かぶせ茶は1週間前後遮光 玉露と違って茶の木そのものに直接遮光幕をかける
*お茶は75℃以上のお湯で渋み・苦味成分のカテキンが出てくる
*テアニンが沢山含まれている玉露やかぶせ茶は40℃位のぬるめのお湯で淹れた方が甘味や旨味が引き立つ
*旨味・甘味成分テアニンは水でも出る
*番茶を焙じたのがほうじ茶 京都では一般的にほうじ茶を番茶という
以上 私のメモ書きなので間違いがあったらすみません(^^;)

 

にほんブログ村の【犬多頭飼い】のランキングに参加してます。 ポチッと押して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ
にほんブログ村 
 
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
ありがとうございました揺れるハート
posted by mikorin at 21:35
"手作り服&日本茶セミナー"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]