2013年03月01日

ドイツ・フランス旅行⑦ エッフェル塔とヴェルサイユ宮殿

5日目(12月18日
18:00 エッフェル塔
エッフェル塔の高さは321m
フランス革命100周年を記念し1889年開催されたパリ万国博覧会の為に建てられました


1時間ごとに5分間だけダイヤモンドフラッシュという特別ななライトアップをします
CIMG6778.JPG
↑がダイヤモンドフラッシュ中だけど写真ではわかり難いですね(^^ゞ
DSCF7088.JPG

クリスマスのイルミネーションで輝くシャンゼリゼ通りや凱旋門、コンコルド広場を見学してホテルへ

20:00 ホテル(プルマン パリ モンパルナス)で夕食
DSCF7146.JPG

スモークサーモンの前菜
DSCF7147.JPG

ビーフステーキ&ポテトのパンケーキ
DSCF7149.JPG

ジンジャーブレッド&アイスクリーム
DSCF7150.JPG

コーヒーor紅茶
今までもそうですが ビュッフェ以外の食事には必ずカゴ盛りのパンが付いてます

部屋からの景色
CIMG6812.JPG
59階建てのトゥール・モンパルナスが見えます
パリの街には高層ビルが少なく 一際目立ちます


6日目(12月19日) 1日自由行動
6:30 朝食ビュッフェ
DSCF7153.JPG

DSCF7156.JPG

7:30 ホテル出発 ホテルから集合場所へ移動
ベルサイユ宮殿半日ツアー参加

9:20 ベルサイユ宮殿
DSCF7288.JPG
金ピカピカだぁぴかぴか(新しい)

パリの南西およそ20kmのベルサイユにあるブルボン王家の離宮
太陽王ルイ14世がみずからの権力の象徴として約50年かけて造らせた ヨーロッパ最大級の宮殿で世界遺産になっています
2つの離宮がある広大な庭園も含めると総面積は800万㎡にもなります


ルイ王朝家紋のユリの紋章とルイ14世の象徴太陽で飾られた豪華な門
1CIMG6857.jpg
遂に憧れのベルサイユ宮殿にやって来ましたるんるん
なんか 夢のようです𕾾

入口はこちらの格子門
DSCF7194.JPG

DSCF7203.JPG

ひらめき数年前の映画「マリー・アントワネット」の1場面揺れるハート
marieantoinette.jpg
ヴェルサイユ宮殿で撮影されてます
屋根の金ピカがないがく〜(落胆した顔)

王室礼拝堂
D8FD8E6B-D63B-141A-EC71-CE85165AB0C6File.jpg
1710年完成 毎朝ここでミサが行われ王族が参列していました
マリーアントワネットの結婚式が行われたのもこの部屋です𕾾

ひらめき映画「マリー・アントワネット」の結婚式シーン
img_1113404_53609998_0.jpg
ここで撮影したのね~𕾾

ヘラクレスの間
1CIMG6872.jpg
1736年完成 宮殿内で最も大きな部屋
天井画はフランソワ・ル・モワーヌ作で ルイ14世時代の最高傑作

スリが多いという事なのでバックはコートの中に入れてます

ヴィーナスの間
DSCF7220.JPG

DSCF7214.JPG
1668年完成 部屋中央にはヴァラン作のルイ14世像 天井には愛と美の神ヴィーナスが描かれています

ディアーヌの間
DSCF7221.JPG
ルイ14世時代 ビリヤード場として使われていた部屋
大理石で出来たルイ14世の胸像が置いてあります


メルクリウスの間
DSCF7228.JPG
かつてルイ14世の寝室として使用されていた部屋
1715年 ルイ14世の遺体はこの部屋に安置されました


アポロンの間
DSCF7231.JPG
ルイ16世の肖像画が飾られています
ルイ16世(1754~1793)はブルボン朝第5代のフランス国王で王妃はマリーアントワネット

マリーアントワネットの印象が強すぎて いまひとつ影が薄いけど革命が起るまでは国民に人気のあった王のようです

戦争の間
DSCF7216.jpg
ルイ14世が戦場で戦う姿を描いたレリーフ
このレリーフが「ベルばら」のオスカルのモデルになったといわれてます
え~exclamation&question そうなの?がく〜(落胆した顔)

今 借りている「ベルサイユのばら」全5巻ぴかぴか(新しい)
DSCF9086.JPG

わ~ ホントだがく〜(落胆した顔)
DSCF9085.JPG

DSCF7217.jpg
オスカルだ~𕾾

鏡の回廊
CIMG6924.JPG
1687年に完成 クリスタル製のシャンデリアが54個もぶら下がっている宮殿の中で最も有名で豪華な場所
長さ73m、幅10.5m、高さ12.3mの回廊は500枚以上の鏡を壁一面にはめ込んだ左右対称の空間

14歳のマリーアントワネットと16歳のルイ16世の婚礼舞踏会が行われたのがここです

1DSCF7237.jpg
この場に立っていることが夢のようでした~𕾾
mariecastle.jpg
ひらめき先日観た映画「マリー・アントワネットに別れを告げて」
poster.jpg
フランス革命が勃発した日 マリーアントワネットから身代わりの命を受けた朗読係の少女の3日間を描いた映画です

この映画もヴェルサイユ宮殿でロケをしているんです𕾷

m0000000699_large.jpg

004.jpg
「マリー・アントワネット」の方が華やかだったけど宮殿が映る度ワクワクして観ました

この辺で撮影したのねわーい(嬉しい顔)
DSCF7243.JPG
足しか見えない像でわかりました𕾹

話を戻しますあせあせ(飛び散る汗)

王の寝室
DSCF7250.JPG
王の着替えや洗顔などを行う起床・就寝の儀式執行の部屋
目覚める時も寝る時も 大変だったのね(^_^;)

平和の間
DSCF7260.JPG
鏡の回廊を挟み 戦争の間と対になる部屋

CIMG4249.JPG
大理石の暖炉の上にはヨーロッパに平和を与えるルイ15世の絵が飾られています

王妃の寝室
CIMG6927.JPG

DSCF7264.JPG
ルイ14世が王妃マリーテレーズの為に造った部屋
左右には内殿に通じる隠し扉があります
歴代の王妃がこの場所で王位継承者となる子を公開出産しました

この部屋の装飾はマリーアントワネット使用時に復元されているそうです

ひらめき「マリーアントワネットに別れをつげて」の王妃の寝室の場面𕾷 ↑の寝室を意識しているのがわかります
m0000000699_sub2.jpg

大膳式の間
CIMG6935.JPG

CIMG6934.JPG
王と王妃が公式に食事をした部屋
向かい合って食べたかったんじゃないかしら~
公式の食事の時には一般市民の見学が許されたとか・・
豪華な食事も食べた気しないわね(^_^;)

CIMG6936.JPG
マリーアントワネットと3人の子供達の肖像画
1787年32歳の王妃です この2年後フランス革命勃発 

衛兵の間
DSCF7272.JPG
王妃の護衛を務める兵士達が待機する部屋
天井画は修復工事途中のようです
(今年の1月から1年半の間 王妃の寝室・貴族の間・大膳式の間・衛兵の間・祭典の間は修復工事の為見学不可になるそうです)まっぷる情報

祭典の間
CIMG6940.JPG
ダビッド作の「ナポレオン1世の戴冠式」を展示

これで宮殿内部見学終了
DSCF7280.JPG
階段を下りて庭園へ

CIMG6943.JPG
時間がなくゆっくり庭園を散策する事が出来ませんでした

マリーアントワネットが愛した離宮プチトリアン 見学出来なくて残念バッド(下向き矢印)
次回の楽しみにしておこうっと𕾹

大好きな宮殿に力が入ってしまい 長くなりました(^^ゞ
最後まで読んで下さってありがとうございます

もう少しで終わりってところで半分以上消えてしまってあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)𕾼
暫く立ち直れなかったけどもうやだ〜(悲しい顔) 頑張って書き直しました手(グー)

次回は最終回
ドイツ・フランス旅行⑧に続きます𕾔


パパさんにおやつを貰うワン達
りんママが珍しく最前列をゲット𕾴
DSCF9065.JPG
この後姿が たまらな~い𕾷
posted by mikorin at 20:26| Comment(6) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする