2013年02月06日

ドイツ・フランス旅行④ ノイシュヴァンシュタイン城

3日目
7:00 朝食
クリスマスムード満点の可愛い部屋で朝食です𕾾
DSCF6498.JPG
夜のように見えますが 朝です^^
CIMG6143.JPG

CIMG6147.JPG
朝食はビュッフェ形式
パンの種類も豊富で 朝から一杯食べてしまいました(^^ゞ

実は今回の旅行で 私の1番のお気に入りのホテルがここアルテスプラウハウスですわーい(嬉しい顔)

CIMG6126.JPG
小さいけど 本当に可愛らしいホテルでしたるんるん  

部屋は木のベッドやタンス、机それに小さな窓などヨーロッパの田舎の温もりを感じます
CIMG6038.JPG

CIMG6040.JPG

水周りも広くて清潔感があり バスタブも付いてました
今回の旅行のホテルは全てバスタブ付きです

7:45 ローテンブルクのホテル出発
ロマンチック街道の牧歌的な風景を楽しみながら ノイシュヴァンシュタイン城まで249km 約3時間半のドライブを楽しみましたバス
DSCF6535.JPG

CIMG6198.JPG

山の中腹にお城が見えます・・って何処?何処?目
DSCF6557.JPG
焦って写真を撮ったけど 走行中のバスの中からなので撮れたのかどうか・・でも一応写ってました(^_^;)

11:30 お城の麓で昼食
野菜のスープ
CIMG6210.JPG

白身魚のクリーム煮&バターライス
DSCF6569.JPG

ババリアンクリーム
DSCF6571.JPG

レストランの窓からお城が見えますわーい(嬉しい顔)
CIMG6276.JPG

麓のショップで買い物タイムるんるん
フェイラーのタオルハンカチや パパさんや兄ちゃん達に信号機キャラクターで有名なアルペンマンのTシャツを購入
DSCF7632.JPG

13:30 麓から徒歩でお城に向かいます
道に雪が無かったので歩きやすくて助かりました
山を登り始めて約30分 お城に到着
DSCF6604.JPG
ノイシュヴァンシュタイン城はディズニーランドのシンデレラ城のモデルになっているはず・・
でも近過ぎて全景がわかりません(^_^;)

なので ちょっとネットから拝借して来ました
20100414230829.jpg
きゃ~ シンデレラ城だ~𕾾 何処から撮影したんだろう?空撮かな?

橋の上から全景を見るビューポイントもありますが 冬の間は通行止めになっているようです

いよいよ入城です(^O^)/
CIMG6245.JPG

テンションも上がります右斜め上 るんるんるんるん 
CIMG6250.JPG

ノイシュヴァンシュタイン城は バイエルン王国の国王ルートヴィッヒ2世が1869年から17年の歳月と巨費を費やして建築
王の情熱が詰まった夢のお城です
芸術とファンタジーを愛した王が 中世騎士道の再現を夢見て造り始めましたが王が住んだのは僅か100日程度 1886年臣下達により廃位され その翌日謎の水死を遂げた後 財政赤字でお城は未完成のまま建設中止になりました


城内は撮影禁止だったので 絵葉書です
玉座の間
02-13-02-01.jpg
4階から5階にかけて吹き抜けになった広大な空間
天井からは王冠の形をした900kgのシャンデリアが吊るされています

02-13-01-01.jpg
王が亡くなった為 王が座る玉座は設置されませんでした

寝室
02-04-01.jpg
ベッドの足もとにはキリストの復活 天蓋にはヨーロッパ中の聖堂をモチーフにした彫刻が施されています
これは「キリストの下で眠る」事を意味してます


居間
02-08-01.jpg
王のお気に入りを集めた一室
オペラ『ローエングリン』の絵画や等身大の白鳥の花瓶など 王の愛した物が集結しています


食堂
02-03-01.jpg
テーブルの飾りは純金メッキのブロンズ製
ムーア様式の暖炉は当時すでに設置されていた温風暖房装置の補助として使われました 厨房は1階の為 料理はエレベーターで運ばれました


歌人の間
a5664cdc49c4e1153e2816320f4a98fa.jpg
熱狂的なオペラファンだった王が『タンホイザー』の舞台ヴァルトブルク城の「歌人の間」に憧れて設計を命じた部屋です
この広間を中心に城全体が設計されました
ここでの歌劇上演を王は熱望しましたが夢が叶う事はありませんでした


城内には人工の洞窟もありましたがく〜(落胆した顔) 鍾乳洞は石膏で作られたようです

このお城のテーマは「中世」ですが それは見かけだけで温風暖房やエレベーター 水洗トイレなど当時最新のテクニックが駆使され かなり快適に過ごせるように作られているようです

最後に見学したのが厨房
02-18-01.jpg
厨房は1880年代当時最新設備を揃えたもので 温水が出る給水設備 鹿肉や鳥肉をローストするために大小自動回転グリル 薪のパン焼き竃 プレートウォーマー 保冷庫も完備されていました

1880年といったら明治時代・・こんな設備があった事にビックリですがく〜(落胆した顔)

18歳で国王になった夢見る少年ルートヴィッヒ2世は生涯夢を追い続け 破滅の道をたどってしまったのかしら
ヴェルサイユ宮殿の煌びやかな豪華絢爛さとは違い シックな豪華さを感じる宮殿を歩きながら なにか物哀しさを感じました


ドイツ・フランス旅行⑤に続きます𕾔


近所の小学生達が学校から帰ってきました
DSCF5621.JPG
短い尻尾をブンブン振って 賑やかな出迎えです(^_^;)
しおん 首がないよ( ̄ω ̄;)   また太ったかな?ふらふら

DSCF5622.JPG
posted by mikorin at 20:30| Comment(4) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

ドイツ・フランス旅行③ ローテンブルク

2日目
12:30 ハイデルベルク出発
古城街道をドライブしながら ローテンブルクに向かいますバス

15:30 ローテンブルク城壁内のホテルに到着
CIMG6036.JPG

ホテルの周りには三角屋根のカラフルな家が並んでます𕾾
DSCF6367.JPG

「中世の宝石箱」と称されるローテンブルクは 中世の街並みがそのまま残る美しい街です
特に見どころは城壁の内側に集中 中世そのままの可愛らしい建物とクリスマスのイルミネーションがまるでおとぎ話の世界のようですかわいい

日が暮れるのが早い為 ホテルに荷物を置いて地図を片手に急いで出掛けましたダッシュ(走り出すさま)

市庁舎前のマルクト広場はクリスマスマーケットで賑やかクリスマス
DSCF6385.JPG
市庁舎は14世紀のゴシック様式と16世紀のルネサンス様式が融合した造りです

CIMG6074.JPG
街をグルリと囲んでいる城壁は全長約4.2km
第2次世界大戦で破壊されましたが寄付金によって復元されました


城壁からの景色
DSCF6394.JPG

聖ヤコブ教会
DSCF6414.JPG
1311年から約170年かけて建造されたゴシック様式の教会
教会の前もクリスマスマーケットで賑わってますクリスマス

DSCF6408.JPG

DSCF6428.JPG
クリスマスのイルミネーションが綺麗ぴかぴか(新しい)
DSCF6436.JPG

DSCF6463.JPG

DSCF6445.JPG

CIMG0217.jpg

DSCF6452.JPG
ウィンドーを見て歩くだけでワクワクしまするんるん

テディベア専門店
img_1458608_43244849_1.jpg

DSCF6432.JPG
耳に黄色いタグが付いてるこの子達 このお店でしか買えない限定品のようです    私はテディベアのキーホルダーを購入るんるん

ローテンブルクの銘菓 シュネーバル専門店
CIMG6111.JPG
シュネーバルとは雪玉の意味
クッキーのようにサクサクしてます

19:00 夕食
フランケンワイン 伝統のレ―マグラス
DSCF6469.JPG

サラダ
DSCF6470.JPG

七面鳥とエッグパスタ
DSCF6471.JPG

アイスクリーム チェリーソース
DSCF6473.JPG

ワイン以外は完食𕾹 
七面鳥とエッグパスタのソースが美味しい𕾴 おかわり出来たけど
私は濃厚でメチャうまのアイスクリームをおかわりしたかったわ~揺れるハート

20:30 ホテルに戻りました
ロビーが可愛い𕾷
CIMG6130.JPG


ドイツ・フランス旅行④に続きます𕾔


DSCF5721.JPG

DSCF5723.JPG

DSCF5724.JPG
^m^ イビキはイメージです(^▽^;)

DSCF5726.JPG
そういえばれおんがヘソ天で寝る事ってほとんどないわ
posted by mikorin at 23:52| Comment(4) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

ドイツ・フランス旅行② ハイデルベルク城と旧市街地

2日目
7:15 朝食
外は真っ暗 8時を過ぎてようやく明るくなって来ます
CIMG5791.JPG

ビュッフェ形式の朝食は品数豊富で目移りしちゃいまするんるん
CIMG5793.JPG

バスでハイデルベルク城
バスを降りて少し歩くと イヤホンガイドがスタート
9:00 まずはエリザベス門
CIMG5832.JPG
この門はフリードリッヒ5世が 妃の英国生まれのエリザベス・スチュワートの為に造ったものです
19歳の誕生日プレゼントとして 彼女が毎朝散歩するこの庭に彼女を喜ばせる為一夜のうちに完成させたと言われています

二人は政略結婚だったけど とっても仲が良かったのね~わーい(嬉しい顔)
この門をバックに写真を撮ると二人にあやかって幸せになるとか・・
新婚さん達も順番に撮ってました揺れるハート
もちろんオバサン3人組も撮って貰いました𕾹

城内に入ってどど~んと目に飛び込んできたのがフリードリッヒ館𕾾
CIMG5851.JPG

でも周りを良く見ると
DSCF6255.JPG

CIMG5868.JPG

DSCF6235.JPG
えっ? 廃墟・・・

ハイデルベルク城はプファルツの国を治める選帝侯の居城でした
17世紀の2度の戦争によって城および町は徹底的に破壊されましたが
19世紀になってフランスのグライムベルク伯が古城の修復に尽くし
現在はバーデン・ヴュッテンブルク州の財産として管理されています


テラスからの景色~揺れるハート
DSCF6245.JPG
赤い屋根の街並みが可愛いです

ネッカー川カールデオドール橋
DSCF6249.jpg
ネッカー川はやがて父なる川(ライン川)と合流し1つになって北海へ・・・
景色を眺めながら ホントにドイツに来てるんだぁ~𕾾 と実感

ハイデルベルク旧市街地散策
街のアチコチでクリスマスマーケット開催中クリスマス
DSCF6272.JPG

CIMG5926.JPG

CIMG5923.JPG

CIMG5921.JPG

DSCF6300.JPG
あれっ? ココまで来て気が付いたひらめき
ココは昨夜来た所です~(^^ゞ
まだ10時半なので人もまばら 夜の方が賑やかです

ここで2回目のグリューワイン
CIMG59781.jpg
今度は白いカップ 赤いハートの持ち手が可愛いるんるん

CIMG59531.jpg
正面に見える聖霊教会はハイデルベルクの中で最も重要な教会
石畳とゴシック様式の教会が中世の雰囲気を漂わせています𕾾
DSCF6281.JPG
1592年に建てられたハイデルベルク最古のZum RITTER 騎士の家
数々の災厄にも生き残った貴重な建物です
現在はレストランとホテルになっているようです

ハイデルベルク城のテラスから見えたカールデオドール橋と橋門
DSCF6293.JPG

カールデオドール橋から見たハイデルベルク城
DSCF6295.JPG
さっきはこのテラスから赤い屋根の市街地を見てましたわーい(嬉しい顔) 

11:30 昼食
ポテトスープ
DSCF6316.JPG

ビーフの煮込み
DSCF6319.JPG

パン
DSCF6317.JPG

シュトレン
DSCF6320.JPG

スープは塩味が濃い目・・でも美味しいです𕾷

ドイツ・フランス旅行③ に続きます𕾔

3月初めにドイツとフランスに行く友達が更新を待っているので ちょっとペースを上げてます手(グー)  間に合うかなぁあせあせ(飛び散る汗)


昨日も今日もポカポカ陽気晴れ
DSCF5605.JPG

れおんみかん 仲良くじゃれ合って
DSCF5617.JPG

DSCF5618.JPG

仲良くお昼寝眠い(睡眠)
DSCF5836.JPG
みかんれおんの前足と後ろ足の間にスッポリ入ってます^m^
posted by mikorin at 23:58| Comment(2) | ヨーロッパ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする